業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗装コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月13日 [FAQ]

外壁塗装に使う塗料について質問です

今度、私が所有しているアパートの外壁塗装をしようと考えています。
アパートの外壁の素材は、窯業系サイディングです。
外壁塗装業者に数社見積もりを依頼し、良いなと思った業者がありました。
いただいた見積もりに、使用する塗料が書いてあり、エスケーの「弾性プレミアムシリコン」という塗料を使うようです。
この塗料を調べてみたところ、弾性の塗料というのはサイディングでは膨れが出やすいので使用しないとか、サイディングに弾性塗料を使用する業者は知識不足の可能性があるという表記を見かけました。
サイディングにこのような塗料を使用するのは、よくあることなのでしょうか?
詳しい方の意見を教えてください。

回答

業者によって考え方は様々です


現在では、昔ほど弾性の塗料を外壁塗装に使用することは少なくなりました。
あえて弾性を選ぶ理由は特にありません。
弾性の塗料の使用目的としては、クラックに対応させることがほとんどです。
弾性で塗装するデメリットとしては、膨れる可能性があることですが、これは弾性であろうが弾性でなかろうが、下塗りが重要なのでそこまで気にすることはありません。
これらは全て、業者によって考え方が分かれるところであり、弾性の塗料がサイディング不適と考える人もいれば、サイディングに弾性の塗料は柔らかすぎて、汚れがつきやすいだけで、不適という表現が適切ではないと考える人もいるでしょう。
ただ、どちらにせよ、わざわざサイディングに弾性の塗料を使う必要はないと思います。
業者によって考え方は本当に様々なので、疑問に感じていることは業者に聞いてみてはいかがでしょうか?
ただ、アドバイスとして、私だったらサイディングに使う塗料を弾性の塗料を提案してくる業者は、少し疑問に感じてしまいます。
考えられる理由としては、目地の上の塗装が裂けるのを防ぐためとかなのでしょう。
ただ、どんな塗料であっても目地には何を塗っても裂けるので、いくら弾性だからといっても表面にヒビは入るはず。
だったら最初から諦めて、紫外線が差しても劣化しない、長持ちする編成の塗料などを使用してもらった方が良いと考えます。
あなたがこの業者のどこを良いと感じたかにもよりますが、仮に金額だった場合、外壁塗装は「安かろう悪かろう」が顕著なので、再考することをおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク