業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗装コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

外壁塗装の塗替えをするメリットは何でしょうか?

家を建ててから10年以上経過していて、外壁の塗装が剥がれている部分があるため、そろそろ塗り替えをしたほうが良いのではないかと考えていて悩んでいます。
これまでに外壁塗装の工事を依頼したことがなく、塗替えをすることにどんな意味があるのかよく分かっていないため、本当に必要なものなのか半信半疑な気持ちになっているのです。
そこで、外壁塗装の塗替えをすることには、一体どのようなメリットが存在しているのか教えてもらいたいです。

回答

建物の保護や外観の美しさ、防音などの効果があります


まず外壁塗装をする意味とは、塗膜を形成させることによって外壁の基材を守るという役割があり、これによって外壁そのものが劣化してしまうのを防ぐことができ、風や雨、雪などといった自然現象から家を守る役割を果たすことができるのです。
さらに外壁塗装によって、さまざまな機能を有する塗料を用いることによって効果をもたせることができ、防水性や透湿性、断熱効果などを期待することができるため、住まいの快適性を高めることにもつながるでしょう。
たとえば、遮熱効果を有する塗料も存在しており、こちらを用いることによって、建物内への熱が伝わりにくくすることが可能であり、夏や冷房、冬は暖房を使ったときの効率を高めることができ、電気代の節約にもつながるのです。
防水性を高めることができる塗料については、雨を弾くことができるため、住まいの中に雨水が侵入してしまうのを防ぐことができ、住まいの構造体が雨によって劣化するのを回避することができて、住まいの寿命を延ばすことに貢献するでしょう。
もちろん、外壁塗装によって外観の美しさを整えるという役割を果たすことができ、外壁のもともとの色をいつまでも維持することができ、外観に変化が出ないようにすることが可能であり、また、外壁塗料を用いることによって、当初とは住まいの壁の色を変えてしまうことも可能なので、イメージチェンジを図ることもできるのです。
ほかには、防音性を有している塗料も登場しているため、たとえば線路沿いや交通量の激しい道路沿いに家があるときには、防音ができる塗料を用いることによって、住まいの中で防音に悩まされないようにすることが可能であり、遮音や吸音などの効果を期待できます。
このように外壁塗装に用いられる塗料には、さまざまな効果を期待することができるため、メリットがたくさんあり、実際に多くの住まいで外壁塗装の塗り替えが行われているのです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク