業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗装コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

外壁塗装の色選びの注意点はありますか?

外壁塗装がボロボロになっているため、そろそろ塗り直しを検討しているのですが、その際には壁の色にこだわりたいと考えており、色選びについてじっくりと検討したいと思っています。
そこで、外壁塗装の色選びの際にはどういう点に注意をするべきなのか、意識しておくべき点について教えてください。

回答

試し塗りをして、周りの景観との調和も考えながら色を選びましょう


外壁塗装では壁に新しい色をつけることになるため、色選びはとても重要な要素となっているのですが、よく考えずに色を決めてしまうケースもあるため、注意点を紹介します。
まず、色は実際に壁に試験塗りをして確かめることができる業者があるため、試験塗りをしてくれる業者を選んだほうが、外壁塗装の色のイメージがつくため、色を選びやすくなるでしょう。
いろいろな色があるのですが、色によっては汚れが目立ちやすいものがあり、たとえば、白や黒といった色は汚れが目立つため外壁には不向きとなっており、経年劣化によってとても汚れやすいため注意しましょう。
また、赤や青といった原色系の色は経年劣化してしまう色が薄くなってしまうことから、経年劣化がとても目立つようになり、古びて見えやすくなるため気をつけましょう。
ただし、こういった色については定期的にメンテナンスをすることによって、古びた感じが出ないようにすることができるため、こまめに外壁塗装業者に点検してもらうならば、原色系の色も問題ありません。
また、外壁の色は自分の家だけではなく、周りの景観に影響を与えるもののため、周りの住まいと比較して調和の取れる色を選ぶことが大切であり、周りと合わない色を選んでしまうとトラブルに発展してしまう可能性があります。
自分の敷地にある家だから何をやってもいいというわけではなく、街の構成要素のひとつになっていることを自覚して、周りと合わせる配慮も必要となるため、その点も含めて外壁塗装の色を選びましょう。
いきなり特定の色を決めるのは難しいため、最初はどういう雰囲気の色がいいのかを思い浮かべていき、大まかな系統から決めていき、その後に細かく色を決めていくと良いでしょう。
その際には、外を散歩してみて、いろいろな色の外壁の色をチェックしてみることで、イメージを深めていくことができ、自分の理想に近い外壁塗装を見つけることができたならば、それを参考にしてみると良いです。
基本的に外壁塗装の色は一色にするべきであり、二色以上使う場合には同系色か彩度の同じような色を選ばないとおかしくなってしまいます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク