業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗装コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

悪徳外壁塗装業者の見分け方を教えてください。

家を建ててから今年でちょうど15年目となり、そろそろ外壁塗装をしなければいけないと考えていましたが、先日突然訪問販売でリフォーム会社の営業が飛び込みで訪れて、無料で外壁診断をさせてくださいと迫られました。
よくテレビなどで悪徳リフォーム業者に騙された特集をやっているので、私もとっさにそのことが頭を過って、特に用事はありませんでしたが、いろいろな言い訳をして追い返し、その日のうちにそのことを主人に伝えました。
名刺をもらったので、それも一緒に主人に見せると、そこは所在もはっきりしている評判の良いリフォーム会社であることが分かり、さらにご近所さんでもその会社で外壁塗装をしている人がいることが分かりました。
そこで質問なのですが、訪問販売されたかどうかは別として、悪徳業者と優良業者の違いや見分け方を教えてください。


回答

悪徳業者の見分け方はたくさんあります。


リフォーム会社の中には悪徳業者がいて、その多くが訪問販売という手口を使って近づいてくるので、いろいろな理由をつけて営業を追い返すことは賛成です。
だだし、訪問販売自体は違法な行為ではなく、それで悪徳業者と決めるわけにはいきません。
悪徳業者かどうか見分ける一つの方法としては、追い返そうとした時に、しつこく営業を迫ってくるかどうかです。
優良業者であれば、嫌がっているお客様に、居座って無理な営業をかけることはありません。
その他にも、外壁塗装に使用する塗料などの商品カタログを、所持していない、もしくは特定のメーカーのものしか持っていない場合は、悪徳業者の可能性が高いです。
優良業者であれば、商品カタログをたくさん持ちあわせていて、多くのメーカーと取引があります。外壁の無料診断をする際に、勝手に作業を行わないで、住人と一緒に外壁の確認を行う場合は、安心できる業者である可能性が高いです。
無料診断をした後で、口頭だけで結果を伝えてくる場合は、悪徳業者だと判断して、すぐに追い返した方がいいでしょう。
悪徳業者の特徴として、外壁塗装以外にも、いろいろな部分のリフォームや修繕も進めてきます。
きちんと最初に名刺を渡してくれて、そこに住所や電話番号やホームページアドレスなどの情報がしっかり表記されている場合は、優良業者である可能性が高いです。
その他にも、少しでも対応に不信を感じたら、たとえ優良業者であっても取引はしない方がいいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク