業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗装コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

信頼して外壁塗装を任せられる業者選びのポイントは?

最近特に大雨や台風などで深刻な被害を受けている方たちが、日本各地で多く見られ、良くニュースでもそのような人たちを狙った悪徳なリフォーム業者などがフォーカスされていますが、我が家にも先日悪徳業者と思われる営業マンが来て、家の外壁がかなり劣化しているので、すぐに対策した方がいいと、塗装工事を進めてきました。
今ならまだ間に合うけど、すぐに工事をしないと外壁を貼替えしなければいけなくなって、何百万もかかると驚かされてしまい、その手には乗らないと追い返すことに成功したわけですが、確かに自分でも最近外壁のサイディングが色あせしてきたことが気になっていたので、一度信頼できる専門業者にお願いして、状態を診てもらおうと考えています。
そこで質問なのですが、安心して任せられる外壁塗装業者を見抜くポイントやコツを教えてください。


回答

資格と実績を確認するのが良い方法です。


これだけ世の中で悪徳リフォーム業者の存在が騒がれているのに、一向にそのようなふとどき者がいなくならないのはとても残念なことですが、今の世の中に生きているなら、悪徳業者に気をつけることは使命だと思って、消費者側がしっかりと優良業者を見分けなければいけません。
悪徳業者に騙されないためには、訪問営業には絶対に乗らないことと、所在がはっきりしていなくて、営業実績が乏しい業者とは、たとえ見積金額が安くても取引しないことが一番の対策となります。
信用できる業者を見抜く方法の1つには、営業マンや実際に外壁の診断に対応してくれるスタッフが、「外装劣化診断士」や「雨漏り診断士」などの資格を持っていることを確認することが有効となります。
営業マンでも、塗装に関する難しい質問にスムーズに答えてもらえると安心です。
実際に塗装工事をしてもらう前に、劣化状態を診断してもらうことはとても良いことで、そのときに劣化している箇所を具体的に分かりやすく丁寧に、時間をかけて説明してくれる業者なら安心です。
見積書の内容も詳細で、それに関してもきちんと説明してくれて、金額の根拠も示してくれれば、より安心できます。
概算でしか金額を伝えてくれないような業者や、短時間で診断が終了するような業者には、外壁塗装を依頼しない方がいいでしょう。
その場ですぐに契約を迫ってくるような業者や、すぐに大幅な値引きに応じてくれるような業者にも注意が必要です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク