業者選びに役に立つ外壁塗装に関連した業者をご紹介します。

外壁塗装コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

外壁塗装の色を選ぶときの注意点はありますか?

ちょうど家を建ててから10年が経過して、外壁塗装が劣化してきているため、外壁塗装をやり直そうと考えています。
その際には一体どのような色にするべきか悩んでおり、さまざまな選択肢がある中でどの色を選ぶのが正しいのかわからずに困っています。
そこで、外壁塗装の色を選ぶときの注意点について詳しく教えてください。

回答

色見本をチェックし周りの建物との調和を考慮して選びましょう


外壁塗装の色選びで失敗するケースは少なくないため、注意して色を選択しましょう。
自分の好きな色にすればいいと単純に考えてしまうと建てたあとで後悔することになります。
たとえば、個性的な色合いを選んでしまうと周りの風景から浮いてしまい悪目立ちしてしまいます。
家の色が目立つことのメリットはあまりなく、むしろ周りから反発されてしまい嫌な体験をすることが増えるでしょう。
基本的に色の壁の色というのは周囲の建物との調和を考えて、風景に自然に溶け込む落ち着いた色を選ぶことをおすすめします。
できれば、自然に存在する木などよりもさらに目立たない色にしておいたほうがよいです。
また、多くの人に嫌われない親しみやすい色合いにすることで近所の人との付き合いに良い影響を与えられるようになります。
周囲の人に不快感を与えるような色にしてしまうと、今後の近所付き合いに悪影響を及ぼしてしまうのです。
色を選ぶ際にはそれが実際に壁に塗られたときの色のイメージを明確にすることが大切です。
そのためには大きめのサイズの色見本を用意してもらって、それをチェックして実際の外壁の色をイメージしましょう。
小さい色見本だと、それを見たときに外壁の色をイメージしにくくなってしまいます。
また、色見本をチェックする際には屋内で見るのではなくて、必ず屋外で確認するようにしましょう。
室内と屋外では同じ色でも見る人に与える印象は大きく異なってしまうからです。
実際に太陽の光を浴びたときの色の見え方をチェックして、それが許容できるものかどうか確認します。
実際に工事をしてもらうときには、必ず現場を見学しに行くようにして、そこで工事に問題がないのか、キレイに塗装されているのかチェックしましょう。
以上のことに気をつけることによって、外壁塗装のトラブルを避けることができ、満足できる色に塗ってもらえるでしょう。
外壁塗装を失敗してしまうとやり直すためにさらに費用がかかってしまうため、失敗を避けることが大切です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク