横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするならお任せください。

横浜の外壁塗装、屋根塗装、塗替え
2018年12月22日

横浜の外壁塗替えを冬に依頼

全国平均の気温や降水量から考えて、横浜の冬は12月からおおよそ2月程度までを含めるのがもっとも自然な形です。冬に外壁塗替えをするかどうかは降雪量によります。関東エリアの横浜に雪が降るのかと不思議に思うのですが、気象台の観測では1月から2月にかけて2センチ前後の降雪があるとの記録もあります。もちろん東北地方のように積もる雪とはさすがに違いますが、雨同様降雪があれば工事が中断しますから、割高での工事になってしまいます。特に下地処理で使用するモルタルは乾燥するのに、うんと時間がかかりますから、冬の間はむしろ春先からの工事を想定しての企画プランをたてるなど、可能な範囲での準備をしてみるのもオススメです。内装は雨が降ろうとも雪が降ろうとも大きな影響がありませんから、もしも内装にも塗装やクロス張り替えのニーズがあるなら、まず内装から始めてみるのも手です。かつて外壁塗替え工事は普通に行っていても1〜2カ月はかかるのが通常でしたが、今は塗膜液も上質なものが増えてきましたから、楽しみも増えました。

横浜で外壁塗替えをDIYするデメリット


おしゃれな街の通りや異国情緒があふれる横浜は、様々な著名人が多く移り住む場所としても有名ですが、おしゃれついでにマイホームをDIYでやろうという、冒険野郎がいても不思議はない魅力にあふれた街なのですが、家を丸ごとDIYするというのは楽しさ以上にリスクも伴います。自分の思い通りの外観にできる楽しさがあるものの、周囲から浮いてしまう可能性もあります。場所によっては町ごとの約束で環境に適したカラーを求められる事もありますからご注意ください。外壁塗替えが2階以上になる場合は足場がないと大変危険ですし、ほぼ無理です。しかし足場を持っているのはとび職専門の会社ですが、多忙な時期は貸してもらえない事もあります。自分で購入しようとすればそれだけで、軽く総合経費が100万を確実に越える事は必須です。思い通りのカラーを耐用年数をも考えて、準備しようと思えばやはり出費がかさみますし、かなりの熟練した技術も必要になります。様々なリスクを考慮してもDIYに伴うリスクはかなり大きい事がわかります。


PageTop