横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするならお任せください。

横浜の外壁塗装、屋根塗装、塗替え
2018年12月24日

横浜で外壁塗替えの防水機能のすごさ発見

外壁に塗膜としての多種多様な塗料を塗装するメリットは多々あるのですが、その1つは水をはじく事です。アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・光触媒・無機と従来のものに加えて、ラジカルも開発されました。外壁塗装材は日進月歩進化していますから耐用年数も少しずつ延びてきています。ついに20年を越えるものまで出てきました。でもなぜ水をはじくことが重要なのかは家の構造をみれば一目瞭然です。日本の家屋は木造建築が基本ですから下地板に壁材を貼り揺れへの強度を出しているのですが、特に塗り壁は気温や湿度の影響を受けやすく、膨張や伸縮を繰り返しながら少しずつ柔軟性を失っていきます。ついに限界を超えたときに亀裂が生じてきます。そこから雨水や雪解け水が染みこみ湿気を帯びてくると、カビやサビが繁殖しやすくなりますし、内部で触手を伸ばしながら壁を少しずつもろくしていくのです。ついに下地にまで亀裂が届き下地の腐蝕を進行させ、さらにシロアリが住み着いて下地板を破壊していきます。これらを予防するために外壁塗替えを重ね塗りしていきますから、家が家として人命を守り続けるために外壁塗替えはとても重要な役割を果たしてくれているのです。横浜にも塗替えをしてくれる信頼おける会社がいくつもありますから、ぜひご利用ください。

横浜で外壁塗替え関連のリフォーム支援制度


横浜市で受けられる助成金や補助金制度がいくつかあります。けして安くはない外壁塗替えを、出来る限り安く効率良く進めるためにも、公共で利用できるサービスを知っておくと便利です。その一部を紹介しますと昭和56年5月末日以前の旧法の下に建てられた、2階建て以上の木造建築で個人住宅の耐震工事費の一部を補助する制度や、低炭素社会を目指して既存の住宅をエコ住宅にリフォームするための補助金などがあります。マンション共用部分のバリアフリー化工事への補助というのもあり、手すりやエレベーターあるいはスロープを設置するための費用の一部を補助してくれます。横浜市内でも有料工務店として高く評価されている、リフォーム会社などがありますから、会社で活用できるサービスを利用するのがオススメです。補助金申請は実際にもよりの会社からの見積もりと工事現場写真が必要なる事もありますし、工事前に申請が必要なものがあります。その多くは後払いで受けられる制度です。詳細はもよりの会社へ相談してみましょう。


PageTop