横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするならお任せください。

横浜の外壁塗装、屋根塗装、塗替え
2018年12月25日

横浜で外壁塗替えの断熱および遮熱効果を発見

横浜は温暖な気候に恵まれた関東地区を代表する都市ですが、それでも1月から2月にかけて5度を大幅に下回り降雪もありますから、断熱および遮熱効果は重要です。外壁塗替えをする事によって断熱遮熱効果をあげる事ができます。近年特にエコが叫ばれていますが断熱遮熱効果をあげる事で、暑い夏は涼しく冬は暖かく過ごせますから、エアコンの節約になります。塗替え用塗装剤で最も人気のあるシリコン塗料は安価なアクリル塗料よりも数十万高いものの、耐用年数が倍以上伸びました。他にも様々な種類があり予算に応じて撰ぶ事ができますが、これらを下地壁材に塗装する事によって、いわば外壁にコーティングする事になりますから、外部からのあらゆる刺激を遮断できるのです。かつては下地にも使われているモルタルは、外観の美しさをみても大変優れた壁材ですから、外壁の主流をなしていた時代もあったのですが、自然環境の影響を受けやすく耐久性も乏しいのが難点でした。若干値は張っても塗膜をしっかり塗装する事で、結果的には光熱費を安く抑えリフォームの回数も減らせますからお得です。

横浜で外壁塗替えの流れ、傷み度チェック


専門の外壁塗替え会社での外壁塗替えは平均的に2週間から3週間程度になりますが、施工場所や範囲によっても変わります。全体的な工事計画と見積もりを出すために最初にやるのは傷み度チェックです。プロ職人から見ると素人にはわからない壁内部の傷み具合も見抜きますから、しっかりやってもらう事で後々後悔のないリフォームができます。たとえば壁に触った時に手の平に白い粉がつく現象は、チョーキングといって塗膜が完全に剥がれ、下地塗料がむき出しになっている状態ですし、壁に割れ目が出来るコーキング現象や手すりあるいは、軒などの鉄部のサビなども塗替え対象になります。可能なら家屋の設計図があればそれを下にして塗替えプラン作成が、よりスムーズになります。ない場合は現地で再度見取り図を作成する事になります。営業マンがチェックに来ることもありますし、職人が直接確認に来ることもあります。仮にインターネットでの予約であっても現場をチェックする事になりますが、その場で即見積もりが出る事は少なくとも横浜ではほとんどありません。


PageTop