横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするならお任せください。

横浜の外壁塗装、屋根塗装、塗替え
2018年12月26日

横浜で外壁塗替えの遮音性機能を発見

外壁塗替えをすると遮音性も高める事ができるのです。築年数がかなりいっている古い木造アパートで、隣の部屋からの音がまるごと聞こえてくる事例をしばしば耳にしますが、壁の塗替えを最新の壁材で行えばかなりの割合でプライバシーを守れるのです。塗膜を塗っただけでなぜ遮音性まで高められるのか不思議に感じるかもしれませんが、壁材の進歩は日新源歩であり良質なものがどんどん開発され世に出回っています。横浜でも音の吸音効果および遮音効果にすぐれた壁材を提供できる外壁塗替え会社が実際にありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。特に交通量が激しい道路沿いや空港が近くにあるという環境にある人にとって遮音は深刻な問題ですし、豪雨の時など雨が屋根に打ち付ける音のうるささも気になる人は気になります。こうした環境に応じた塗料の選択ができるサービス提供をしてくれる会社は、顧客満足度の高い貴重な存在です。実際遮音のために一般的に活用されている壁材としてグラスールや発泡スチロールあるいはフェルトというものもあり、壁の間につめこんで遮音します。遮音効果を体感できる塗料も開発されています。

横浜で外壁塗替えの流れ、施工立案


家の傷み度チェックを経てどの塗料をどの程度準備し活用するか、足場の発注および職人の配置や必要な壁材の準備など必要最低限の準備を進めていきますが、最初の話し合いのレベルでも会社で扱っている塗料が複数ある場合は、予算とユーザーの要望を下に塗料の種類も絞っていきます。一般的にはシリコンが活用されていますが、予算が豊富にあってリフォームの回数も減らしたいというのであれば、高級な塗料が選択される事もあります。かつてはウレタンなども人気だったのですが、さらに耐久性や耐候性および防汚性も高くコストパフォーマンスが良い材質のものも、どんどん開発されていますから勧められる事もあります。リフォームの方向性をある程度決まっていると、使う塗料も絞られていきますし話も進みやすくなります。今はネットでも横浜市内で利用できる外壁塗替え工事の基本的な知識を得られますから、ぜひこれを機に勉強してみるのもオススメです。工務店はともかくとしても大手のところは、様々な部門の専門家を抱えているものです。そうした各部門に発注されます。


PageTop