横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするならお任せください。

横浜の外壁塗装、屋根塗装、塗替え
2018年12月27日

横浜で外壁塗替えの光触媒は自分できれいにしたい人向け

光触媒塗料が開発され横浜を含めて全国の外壁塗替え会社で活用され始めた頃に、画期的塗料だとして話題になりました。いったいどういったものなのかと言いますと、簡単に言えば直射日光をあびる事で外壁についた汚れが浮き出させて、雨水で一気に落とすというものです。塗ったばかりの外壁はとても美しく清楚な印象を見る人に与えますが、年月がたつうちに様々な汚れがついて色あせてきます。それらを自然の力で荒尾としてくれますから、何年たっても美しい外観を維持できるというのは、確かに魅力的です。耐久年数も15年から20年に伸びましたからリフォーム更新がゆるやかになります。若干経費がかかるもののトータルで考えたら、お得感の方がまさっています。光触媒は壁の汚れを分解するだけではなく、周辺の空気浄化・遮熱・無臭にも貢献しますからエコでもあるのです。紫外線の力を借りて効果を発揮するのですが、かつて紫外線を始め太陽光は外壁の乾燥をまねき、日焼けを起こすとして嫌われていたのですが、天敵を味方につけてしまったという点では高く評価できる技術の1つです。

横浜で外壁塗替えの流れ、塗装準備


外壁塗替えのための見積もりに納得出来たら、いよいよ施工プランが立てられて実際に工事に入っていくのですが、横浜でも丁寧な会社は施工プランを流れに沿って、画像つきで説明してくれます。それと照らし合わせて工事の様子を見るのは興味深いものです。塗替えに利用される塗料はいわゆるシンナー液剤ですから、周辺にシンナー臭が立ちこめますし電気工具も使いますから、騒音にもなります。ご近所トラブルにならないために丁寧な会社は家々を回って工事開始のためのご挨拶をしてまわります。こうした丁寧な姿勢が高く評価される事で次の施工につながる事もありますから、誠実にやっている会社はけして手を抜かないのです。外壁塗替えの範囲が2階以上の広面積になる時は、足場も組まなければなりません。足場組だけで1日が過ぎる事もあります。これは安全確保と周辺への飛散防止の意味もあります。通常足場はとび職業務ですから会社によっては別途発注される事もあります。


PageTop