横浜で外壁塗装、屋根塗装、塗替えをするならお任せください。

横浜の外壁塗装、屋根塗装、塗替え
2018年12月29日

横浜で外壁塗替えはやはり大事

横浜でも外壁塗替えが豊富にありそれぞれに切磋琢磨して技術を磨いています。壁材も新しいものが開発されるたびに家の耐久性が伸びていますから、これから家を建てようと思っている人もリフォームを検討中の人も、楽しみが増える事はまちがいありません。どれだけすぐれた壁材や塗料が作られたとしてもそれぞれに賞味期限がありますから、どこかで外壁塗替えをしなければ快適な住環境を維持する事はできません。最長20年程度までは耐用年数が増えていますが、環境にもよりますから実際はさらに寿命が短い場合もあります。信頼できる職人によって外壁塗替えされた家は20年たってもまだまだ美観を維持しているものもありますが、内部も含めて興味を持って見ていくと実は不具合が実際に出来ていたという事もありえますから、10年たったら一度家周りの点検をしてみる事をオススメします。傷みが小さいうちに修理しておけば経費が安くおさまる事が多いのです。特に見えにくい屋根の傷みは4〜5年ごとに点検できれば申し分ありません。

横浜で外壁塗替えの流れ、ようやく塗装突入


本塗りまでに通らなければいけない作業はいくつもありますが。最後の作業は養生する事です。養生テープといって塗料が余計なところに飛び跳ねないように、ビニールシートを貼っていく作業です。塗料が飛び跳ねて困る場所にはすべて貼りますから、窓際やボイラーの周辺そして玄関ドア、車に自転車あるいは窓前面などにすべて貼っていきます。もちろん網戸もです。真夏でも塗装中は窓を開けられませんから、ずっと住み続けるのが苦しくなるかもしれません。どうしても生活の不便さが出てしまうようなら、工事が終わるまで外泊してもらう方が良いかもしれません。この作業が完了すればいよいよ本塗りですが、下地塗料の上に塗装する合成樹脂などの塗膜は、通常3度〜4度塗りで分厚い塗料層を作っていきます。丁寧なところは4度も5度も重ね塗りをしますが、一般的には3度塗りです。最初の1回目は下地をしっかり固定させるための強化剤としての塗料を塗り、数日おいて乾燥した頃に2度塗りをしてまた間をおきます。最後の3度塗りが乾燥したら作業は完了です。最後手直しと片付けがすめば施工主へ家の明け渡しと支払いですべての作業は終わりです。横浜には良質な仕事をこなす誠実な外壁塗替え会社も多数あります。


PageTop